コーティング

車のケアはWAXからコーティングの時代へ

従来、車の艶出しは「WAXがけ」が一般的でした。しかし、WAXがけは、車の塗装を傷め、汚れや水垢の原因になり、またウィンドウガラスの油膜の元になることが分かってきました。そこで登場したのがポリマー系コーティングです。コーティングは車の塗装を傷めることなく、そのものの輝きを引き出す施工法です。

ボディコーティングの様子

キーパーコーティング

KeePerブランドのケミカル製品使用

当店では、KeePerブランドのケミカル製品を使用しています。キーパーコーティングは、クルマの塗装そのものが持っている本質的な輝きを引き出し、クルマの価値そのものを保つコーティング施工です。

KeePerブランドのケミカル製品

塗装の劣化を防ぐ

クルマの塗装は日々紫外線にさらされ、劣化しています。さらに酸性雨や排ガスなどの汚れも付着します。こうした劣化は、洗車だけでは防ぐことはできません。キーパーコーティング施工では、それらの影響を最小限に抑えることができます。コーティング膜が紫外線や汚染物質から塗装を守っているのです。

カーコーティングによって、汚れが付きにくくなり、洗車の回数も大幅に減ります。定期的にコーティングすることで、車本来の輝きを持続できます。

コーティングの様子

ヘッドライトコーティング

ヘッドライトが暗くて夜間走行が怖い・・・

夜間走行中に暗くて視界が見えにくいと感じたことはありませんか?

車に長く乗っていると紫外線の影響でヘッドライトが黄ばんだり、くすんだりします。何もしないで放置すると、光量が徐々に落ちていき、やがて視界が見えにくくなって非常に危険です。明るさが足りないために車検が通らなくなることもあります。夜間でも安心して運転するためには、定期的にヘッドライトの手入れが必要です。

  • ヘッドライト逆光
ヘッドライトの黄ばみ・くすみの原因は紫外線!

ヘッドライトには、ポリカーボネートと呼ばれる樹脂が使用されていますが、紫外線によってその表面のハードコート剤が剥がれ、黄ばみ・くすみといった症状を引き起こします。例えば、利用する駐車場が屋外の場合、ヘッドライトの劣化が進みやすくなります。また、ヘッドライトのキズが増えていくと、汚れが付着しやすくなり、黄ばみが広がっていきます。

明るさが足りないと車検に通らないことも・・・

ヘッドライトの黄ばみを放置しておくと、夜間にライトを点灯しても十分な明るさが得られず、視界が見えにくくなります。ヘッドライトの明るさが保安基準値に満たないために車検が不合格になることもありますので、暗いと感じたら放置しないで早めに黄ばみ・くずみを除去することをお奨めいたします。

シュシュットブラで甦る!

シュシュットブラ」は黄ばみやくすみをスプレーして拭き取るだけで完全除去できるヘッドライト溶剤です。

従来の方法では、表面の黄ばみを研磨して落としていたため、ヘッドライ ト部分を少なからず痛めていました。

しかし「シュシュットブラ」は、削ることなく、溶剤を吹きかけるだけで光沢を復元します。さらに、トップコートで強力に保護するので、長期間効果を持続できます。

ヘッドライトコーティング使用前

作業前のイメージ

ヘッドライトコーティング使用後

作業後のイメージ

お問い合わせ

ロータスマツオ

Tel.0479-86-2133

千葉県山武市松尾町大堤262
営業時間 AM9:00~PM19:00
月曜日 祝日 第三火曜